サステナビリティ SUSTAINABILITY

トップメッセージ TOP MESSAGE

「ひとりひとりのエコアクト」に取り組んでいます

わたくしたち東邦ホールディングスグループは、医薬品の安定供給という社会的使命を果たすことで、健康を願う人々に貢献したいと考えています。また、企業の安定的かつ長期的な成長と、持続可能な社会の実現に向けて、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)、およびコンプライアンスというそれぞれの領域における課題を洗いだし、各事業においてその解決に向けた取り組みを推進しています。さらに、社員ひとりひとりが地域に深く根差してこその企業であることを心に刻み、日々の仕事においてよりよい環境づくりをめざして「ひとりひとりのエコアクト」に取り組んでおります。

配送効率の向上と「顧客支援システム」で課題を解決します

当社グループのコアビジネスは医薬品等の流通であり、いかにして環境保全に配慮しながら患者さまに製品をお届けするかが、わたくしたちの大きな課題でもあります。当社グループでは物流センターからお得意先への直送や共同物流を行なうなど、配送効率を向上させることでこの課題の解決に取り組んでいます。また、わたくしたちは独創的なサービスの提供を通じて患者さまやお得意先の課題を解決するとともに、社会や地球環境の持続につながるようなビジネスモデルの構築をめざしています。その最たるものが当社独自の「顧客支援システム」です。薬局本部システム「ミザル」は、過去の処方データをもとに医薬品の需要を予測して自動発注するため、配送回数が適正化され、環境負荷の低減が望めます。また、長年推進している医薬品や医療材料の分割販売は、お得意先の在庫負担を軽減し、医薬品や医療材料の廃棄ロスの縮減に大きく貢献しています。

医療従事者の方々をつなぐ役割を担っています

社会については国が推進する地域包括ケアシステムの構築に貢献するため、営業担当者が医療機関、薬局、看護・介護施設など関係職種の方々をつなぐ重要な役割を担っています。また当社グループの調剤薬局は地域社会における生活インフラとして人々の健康をサポートしています。調剤薬局の業務は、「モノからヒトへ」とシフトしており、わたくしたちも、薬を調剤してお渡しするだけでなく、患者さまひとりひとりに寄り添って、治療や生活の手助けをすることを心がけています。

多様な意見を取り入れることによって ガバナンスの強化をはかっています

健全な企業経営を行なうために、多様な意見を経営に取り入れることも必要だと考えています。2021年6月には取締役構成を大きく見直し、独立社外取締役の比率を3分の1以上に引き上げたほか、女性の取締役を1名から2名に増員しました。また、指名・報酬委員会を新たに設置するなど、ガバナンスの強化をはかっています。

国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の17の目標のひとつに「すべての人に健康と福祉を」という項目がありますが、わたくしたちのグループスローガンは「全ては健康を願う人々のために」であり、わたくしたちがめざす未来や価値観とまさに合致しています。グループ社員一同、このスローガンを胸に、当社グループの安定的かつ長期的な成長と、持続可能な社会の実現に向けてよりいっそう力を尽くしてまいります。

ページトップに戻る