事業案内 OUR BUSINESS

物流体制 LOGISTICS SYSTEM

医薬品を確実にお届けすることが私たちの使命です。

医療用医薬品は、患者さまの命や健康に直結します。
私たちは、生命関連商品を扱う立場から、「安心・安全の医薬品流通」という使命を果たすため、最先端技術を導入し、品質(徹底した品質管理)、安全(トレーサビリティの充実)、効率(効率的な物流環境の構築)の3点において最高レベルを実現しています。

極限まで追求する「正確性」

医薬品を安心・安全にお届けするために、最先端のロボット技術などを活用し、物流の完全自動化に挑戦しています。最新の物流センターでは、商品のピッキングや積み付け作業を行うロボットなどを導入したことで、効率・省力化を実現。出荷精度99.99999(セブンナイン)を達成しています。また、出荷精度が保証されていることから、お得意先での受け渡しの際に検品を行わないNO検品を実施しています。このことにより、お得意先での検品時間を大幅節約することに成功しています。

強固な事業インフラ

物流センターから正確に医薬品をお届けするだけでなく、営業と物流を一体として改革することで、サービス強化を図っています。例えば、物流センターとコールセンターが連携することによって、コールセンターから医療機関にリアルタイムで在庫状況や納期をお伝えできるようになりました。

災害時の医薬品供給

いつ起きるかわからない突発的な災害時でも医薬品の供給を止めることはできません。当社は災害を想定し、ホストコンピューターおよび倉庫内管理システムの二重化、コールセンター間の連携、無停電装置の設置や定期的な災害訓練の実施等により、災害時にも医薬品を安定供給できる体制を構築しています。
また、東京都が指定する災害時の広域輸送基地「京浜トラックターミナル」内に高機能な大型総合物流センターの新築を進めており、大規模災害時にも迅速かつ円滑な医薬品供給の実現を目指しています。

温度管理体制

素材選びなど、一から開発した保冷ボックスは真空断熱材を利用し、他製品よりも圧倒的に高機能な保冷能力を保有し、厳密な温度管理が必要な医薬品にも対応しています。物流センター出荷時から、営業所を経由してお得意先に納品されるまで一元管理することで、温度管理の点でもトレーサビリティを実現しています。

これからも私たちは、「安心・安全の医薬品流通」を実現するために、
最大限の努力を続けていきます。

ページトップに戻る