サステナビリティ SUSTAINABILITY

コンプライアンス・リスクマネジメント COMPLIANCE / RISK MANAGEMENT

コンプライアンス方針

当社の役員および従業員(社員、キャリアスタッフ、嘱託、特別嘱託、出向者、契約社員、パートおよびアルバイト)が法令を遵守し、社会規範を尊重するとともに、当社の企業活動が、公正・透明かつ高い倫理観をもって行われることおよび社会的責任を果たす経営を確保するため「コンプライアンス推進規程」を設けています。

定期的にグループ・コンプライアンス・リスク管理委員会を開催しています

「リスク管理基本規程」に基づき、「グループ・コンプライアンス・リスク管理委員会」を定期的に開催しています。また、倫理綱領を定め、全社員に対して研修を行い、倫理綱領の周知徹底を図っています。

重要関連法規の遵守

法令遵守は事業活動の基礎をなしています。共創未来グループは、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」)、薬剤師法、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独占禁止法」)、不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」)などの重要な法令はもとより、事業活動に関連する全ての法令を遵守し、法と倫理に基づいた活動のみならず、常にみずからの行動を謙虚に振り返り、公正・透明で社会の信頼を第一とした事業活動を行っています。

<重要関連法規の遵守>
1.医薬品医療機器等法の遵守
◉法令を遵守して事業活動を行います
 わたしたちは、医薬品医療機器等法、麻薬及び向精神薬取締法、健康保険法等の法令を遵守し、許認可・届出・報告・その他関連法令に基づき必要とされる手続きを適正に行います。
POINT1 医薬品医療機器等法とその関連法規を遵守し、医薬品の品質の確保に努めます。
POINT2  医薬品医療機器等法に定める販売可能先(必要な届出や許可の確認)を的確に把握し、適正な販売を行います。
POINT3 医薬品等を取り扱う際に、盗難や紛失、取り違い等の事故対策を徹底します。
POINT4  医薬品医療機器等法に抵触するおそれがある場合、すみやかに事業所の責任者および管理薬剤師に報告し、必要に応じて行政等への届出を行い、再発防止を図ります。

2.薬剤師法の遵守
◉人々の健康を守ります
 わたしたちは、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、人々と信頼関係を築き、良質かつ適切なサービスを懇切丁寧に提供いたします。また、他の医療提供施設等と連携を行い、社会保障制度を尊重した供給を担当します。
POINT1 調剤の求めがあった場合は、正当な理由がなければ断りません。
POINT2 患者さまに十分な説明を行います。
POINT3 薬剤師職能を発揮し、医療のリスク軽減に努めます。
POINT4 他の医療関係者の方と協力し、最善を尽くします。
POINT5 薬剤師として生涯にわたり、自己研鑚に努めます。

3.独占禁止法の遵守
◉公正な取引を行います
 わたしたちは、関係法令を正しく理解し、自由な競争のもとに健全かつ公正な取引を行います。また、国家公務員倫理法や各自治体の倫理規程、取引先が定める規程を十分理解し、違反行為または疑いをもたれるような行為は行いません。
POINT1  事業者団体等の会合で、独占禁止法に違反する行為となるおそれがある場合には、ただちに反対の意思を表明して、会社に報告し、不適切な取引や取り決めは行いません。
POINT2 取引先から不適切な接待・供応を受けることをしないとともに、このような行為を行いません。
POINT3  公務員(みなし公務員などを含む)に対し、贈答・接待は行わず、違法な金銭等の要求は毅然として断ります。
POINT4 利益相反取引は行わず、また利益相反と疑われるような取引は行いません。

4.景品表示法の遵守(医療用医薬品卸売業公正競争規約)
◉業界自主規制を遵守します
 わたしたちは、景品類の提供について「何が良くて、何が悪いのか」を具体的に明文化した、法に基づく業界自主規制である公正競争規約を遵守し、一般消費者がより良い商品やサービスを安心して選択できる環境づくりに努めます。
POINT1 商品やサービスの品質、内容、価格等を誤認させるような表示は行いません。
POINT2  提供しようとする景品類が、過大である、または取引を不当に誘引するおそれがあるか、常に確認を怠りません。
POINT3  全ての取引先と誠実かつ公正な取引関係を維持し、私的・恣意的な便宜供与や提供が禁止されて
いる便益労務等は行いません。

内部通報制度の設置

従業員(社員・キャリアスタッフ・嘱託・契約社員・パート・アルバイト・派遣労働者・退職者)および当社の取引事業者等の従業員からの法令違反行為等に関する相談窓口の設置や、内部通報の適正かつ実効性のある仕組みを定めています。窓口の運用にあたっては通報者等が通報したことを理由に不利益な扱いを行うことを禁止しています。

・社内窓口
社内イントラから直接通報が行える”東邦ホットライン”を設置し、通報者の秘密保持と通報性を高めています。

・社外窓口
弁護士事務所を窓口として設置し、通報者に対する公平性と匿名性を確保しています。

腐敗防止への取り組み

当社では、役員および従業員(社員・キャリアスタッフ・嘱託・特別嘱託・出向者・契約社員、パートおよびアルバイト)に適用される「贈賄および腐敗行為防止規程」を定め、役員および従業員(社員・キャリアスタッフ・嘱託・特別嘱託・出向者・契約社員、パートおよびアルバイト)による贈賄および腐敗行為の防止に取り組んでいます。

ページトップに戻る