サステナビリティ SUSTAINABILITY

東邦ホールディングスのESG ESG

基本的な考え方

環境(Envioronment)
環境保全を現代社会の大きな課題と捉え、社員ひとりひとりが自覚を持って省エネルギーやCO₂排出抑制、廃棄物削減に取り組みます。
また、全員参加による環境負荷低減活動と、事業活動を通して次の世代に向けた環境改善を企業全体で積極的に推進することにより、地球環境との調和と豊かな社会の実現をめざします。

社会(Social)
医療および健康関連企業としての公共性と社会インフラとしての使命を認識し、非常時でも医療提供体制を維持するため医薬品等の安定供給を最優先課題としています。また、社員ひとりひとりが、健康でやりがいを持って働ける職場であることが重要と考えており、ワーク・ライフ・バランスを実現する働き方改革にも取り組んでいます。

ガバナンス(Governance)
コーポレート・ガバナンス体制の充実を重要課題のひとつとし、コンプライアンスおよびリスクマネジメントの推進による内部統制の強化、さらに取締役会による経営監視機能と監査等委員会による監査機能を充実・強化することで透明性のある企業統治体制を構築しています。また、取締役会の諮問機関として、任意の指名・報酬委員会を設置し役員の指名・報酬等に関する意思決定の透明性・客観性を高めています。企業としての社会的責任を果たすとともに、持続的な成長による企業価値の向上を実現してまいります。

ページトップに戻る