CSR CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

ダイバーシティ推進 DIVERSITY

性別、国籍等を問わない幅広い人材活用により、多様な事業風土を醸成しています

福利厚生や研修制度、人事評価制度を整えて、企業内における全ての従業員が平等に仕事に参画する機会を持ち、いきいきと働ける職場を作っています。
また、女性活躍の場を増やし、管理職における女性の割合を高めています。高齢者に対しては、経験と能力のある社員を定年後も雇用するプログラムがあります。障がい者雇用も積極的に取り組んでおり、東邦ホールディングスと東邦薬品の障がい者雇用率の向上につとめています。

女性が働きやすい職場環境を整えています

2016年4月に女性活躍推進法が施行されました。東邦薬品(株)は2021年3月までの「行動計画」を策定し、厚生労働省に提出しています。同計画では「職種区分ごとの業務を見直し、雇用環境の整備を行なう」「管理職に占める女性の割合を4.0%にする」という2つの目標を立てて、その実現に取り組んでいます。

女性従業員が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。(東邦薬品(株))

1.計画期間 令和 3 年 4 月 1 日~令和 8 年 3 月 31 日
2.当社の課題
(1) 男女の平均継続勤続年数に大きな差はないが、職種区分により偏りがある。
(2) 管理職に占める女性割合が低い。
3.目標
目標1:職種区分ごとの業務を見直し、雇用環境の整備を行う。
目標2:管理職に占める女性割合を 4.0%以上にする。
目標3:毎月の平均残業時間を 10 時間以内とする。
4.取組内容・実施時期
[目標1への取組]( 年に数回社長連絡で発信する)
1.年次有給休暇や育児・介護休暇等の特別休暇制度の促進をする。
2.勤務時間や勤務形態の変更、職種間異動等により、働き続けることのできる仕組作りを検討する。
[目標2への取組] (期末に来年度の研修計画を策定、順次実施)
1.研修や職種間異動等により、女性社員のキャリア形成を支援する。
2.上司に対し、女性社員の管理職登用を積極的に働きかける。
[目標3への取組] (毎月実施)
1.部門ごとの残業時間を毎月集計、経営幹部に報告し残業時間を減らす方針を経営幹部から発信する。
2.残業時間が多い部門責任者は残業時間削減のための具体的な取組を示す。

子育てと仕事の両立をサポートしています

「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」の取り組みの一環として、乳幼児を抱える従業員の負担軽減と、より働き易い環境を整える為に、物流センター「TBC札幌」の施設内に「みらい保育園」を開設 し、2016年10月から運営しています。政府が推進する「仕事・子育て両立支援」に参加し、今後も社員が柔軟に活き活きと働ける環境づくりに取り組んでいきます。

障がい者雇用を推進しています

2018年4月から障がい者法定雇用率が2.0%から2.2%に引き上げられました。東邦薬品(株)では2020年度は2.11%に向上しました。今後も取り組みを強化します。

一例として、調剤薬局子会社である(株)ファーマみらいの薬局ファーマシー・フォー・ファーマシーズでは、障がい者雇用に積極的に取り組み障害者の自立と地域福祉に貢献したとして、世田谷区及び世田谷区障がい者雇用促進協議会より感謝状を贈与されました。

ページトップに戻る